たったこれだけ!車の乗り心地を劇的に向上させるブレーキング術

      2016/07/06

運転席

他人の車に乗車している時、ブレーキペダルの操作で違和感を感じたことはありませんか?ブレーキを開始するタイミングが自分と違ったり、停車する時に前のめりになったり、ガクガクと身体が前後に揺さぶられたり。いわゆる「カックンブレーキ」と言われるもの。

弱い人などはすぐに車酔いしてしまいます。ここでは、車の乗り心地を一変させる、ブレーキ操作のコツを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

正しいペダル操作とは

まずはじめに、自動車のペダルを操作するうえで、正しい方法を確認しておきましょう。変なクセがついていませんか?

アクセルペダルの正しい操作

教習所で教わる、アクセルペダルの正しい踏み方は、かかとを床につけて、そこを支点として足の裏(特に足の先のほう)で踏みます。

ブレーキペダルの正しい操作

一方、ブレーキペダルはかかとを床に付けずに踏み込みます。踏み込む量を調整する際は、脚全体を使って調整します。

常にかかとを床につけて、そこを支点にして、つま先でアクセルとブレーキを踏み変える方法は、実は正しくありません。床にかかとを付けていたほうが、楽なんですけどね・・・。

敢えて自己流で

正しいペダル操作、思い出していただけたでしょうか? ですが、この踏み方、現代の車でやろうとすると、非常に難しいです。

なぜなら、快適性を重視して、シートの着座位置が高い車が大半です。正しいペダル操作をするには、スポーツカーのような昔ながらの姿勢で運転する必要があるのです。

着座位置が高いと、膝から先の自由度が減ります。脚全体で踏み込むようにするには、シートをかなり前に移動させないと厳しいです。そうなると今度はハンドルの操作がしにくくなります。

誰でも快適に・・・という思想の弊害ですね。

かかとは常に床に付けて

教習所で教わるペダルの踏み方や運転姿勢は、昔からずっと変わっていません。ですが、実際の車は楽で快適に・・・というニーズのもと、正しい運転姿勢が困難になってしまうほど変わってきました。

そこで、敢えて自己流のペダル操作を紹介致します。

注)あくまで自己流です。ブレーキは止ることが第一です。この方法が合わないと感じたら、自身の一番踏みやすい方法に戻してください。

足の位置

まずは右足の位置です。右足のかかとは、ブレーキペダルの手前にします。ブレーキを踏む際は、足は真っ直ぐになります。

アクセルを踏むときは、かかとを支点にしてつま先を時計回りに回転させて踏みます。ちょっとガニ股で気になる方もいるかと思いますが、身体の構造からして、足首を内側にひねるよりも、外側にひねるほうが動かしやすいです。

いざというとき、踏まなければいけないのはブレーキです。なので、ブレーキが踏みやすい位置が最適な位置と言えます。

踏み方

アクセルにしろブレーキにしろ、ペダルを踏むときはかかとを支点にして足を前方に倒し、指の付け根から土踏まずの手前くらいの場所で踏みます。

かかとが固定されていることで、つま先での繊細なタッチが可能になります。

ブレーキのかけ方

では、実際にブレーキのかけ方のコツを見ていきましょう。

前方の信号が赤に変わり、停止線で停止する場面を例にします。ペダル操作について書きますので、エンジンブレーキは割愛します。実際はエンジンブレーキで十分に速度を落としてから、ブレーキペダルの操作となります。

一定速~踏み始め

まずはブレーキの踏み始めです。いきなりアクセルから足を離していませんか?ほんの一瞬ですが、アクセルから足を離す際は、ジワリと戻してからブレーキに足を乗せます。加減速のGのかかり方が急だと、人は不快感を感じやすいためです。

ブレーキを踏み始める瞬間も、いきなりガツンと踏むのではなく、一瞬、ジワリと踏んでから一定の踏み込み量をキープする感じです。

難しいですが、何度も練習するしかありません。足に集中するあまり、前方の確認をおろそかにしないように気をつけてください。

一定の踏み込み量をキープ

ブレーキを踏み込んだあとは、踏み込む量を一定にします。停止位置のかなり手前で止りそうになったり、オーバーしそうになったりしないように、自車の速度と目標までの距離感を磨いてください。

ブレーキを踏んだり戻したりを繰り返すと、同乗者は堪ったものではありません。

停止直前

もうすぐにでも止りそうな速度(15km/h以下)まで減速したら、徐々にブレーキを緩めていきます。ここが一番難しいポイントですが、ここができればかなりスムーズな運転と乗り心地を達成できるでしょう。

AT(オートマ)車の場合、クリープで前に進む駆動力と、ブレーキの踏む量を感じ取り、停車する直前には、駆動力と制動力が同じ=停止するようにします。

MT(マニュアル)車の場合は、停止直前にはクラッチを切り、慣性で車が前に進む力と制動力が同じになった時に停止します。

ATもMTも、完全に停止したら、グッと強く踏み込んでください。万が一追突されたとき、玉突き事故になってしまう危険性があります。

感覚で言うと、

  • 「ガクン」と停止 →論外
  • 「カクン」→もう一歩
  • 「コクッ」→かなり良い感じ
  • 「スッ」→合格

こんな感じです。

練習あるのみ

いかがでしたか? 同乗者に乗り心地が良いと印象付けるために、日々練習に励んでください。車酔いの防止にもなりますし、ここで培ったペダル操作は、アクセルペダルの操作にも応用できます。

それでは、良きカーライフを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - 運転技術 ,