高速道路で飛び石を喰らってフロントガラスが割れました。対処と交換費用

   

フロントガラス割れ

先日、妻の車で高速道路を走行中、フロントガラスに「バチン!!」という物凄い音とともに飛び石を喰らいました。

いままで何度も飛び石を受けていますが、今回の被害はかなり大きなものとなりましたので、かかった費用と対処をご紹介いたします。

スポンサーリンク

実は珍しくない飛び石被害

高速道路に限らず、一般道でも割と頻繁に飛び石を受けることがあるかと思います。多くはフロントガラスに「パチッ」という程度の小石が当たるケースでしょうか。

道を徒歩で歩いてみるとわかりますが、結構小石が多く落ちていたりします。

飛び石は、前を走る車のタイヤの溝に挟まった石が外れて飛んできたり、道路に落ちている石をタイヤで跳ねたりして、後続車のボディやフロントガラスに直撃します。

車のフロントガラスは小石程度ではそう簡単に割れたり傷ついたりしないほど強固ですが、車のスピードが速かったり、石が大きかったりすると、やはりガラスなので欠けや割れが発生します。

運動エネルギーは物体の重さに比例し、速度の二乗に比例しますので、飛び石によるフロントガラスの割れは、主に高速道路を走行中に多く発生するんです。

予防法はあるのか?

残念ながら確実な飛び石の予防法はありません。

車間を広くとっていても隣の車線から飛ばされることもあります。高速道路であれば、ガラスが割れないような低スピードで走行するわけにもいきません。

強いて挙げれば、石などを積載しているダンプカーや、タイヤの幅が広い大型車の後ろを走るのを避けることくらいでしょうか。

当たりどころによっても被害はピンキリです。運がなかったと諦めるしかありません。

当たりどころが悪いとこうなる

高速道路で飛び石を喰らったとしても、制限速度を大きく超過していない限り、フロントガラスは無傷なことが多いです。石の大きさにもよりますが。

「バチン!!」という大きな音がしても、ガラスの中央付近であれば1~2ミリの小さな欠けで済むこともあります。

で、今回はどうだったのかというと・・・

フロントガラス飛び石被害

画像が小さく、背景が映り込んでいるので見難いかもしれませんが、ワイパーの下の部分、フロントガラスの下端から、斜め左上に一本、60センチほどヒビが入っています。

フロントガラス飛び石被害(ヒビ)

角度を変えるとこんな感じ・・・。

飛び石が当たった直後はヒビの長さは30センチほどでしたが、走行中の振動やボディのよじれなどで徐々に伸びていきました。

フロントガラス割れ

ここが飛び石が直撃したと思われる場所。樹脂のガラス枠のすぐ上です。

ガラスは端部が弱く、仮に当たったところがワイパーブレードよりも上だったなら、ここまでひどく割れることはなかったでしょう。

もう本当にピンポイントで一番弱い部分にヒットしてしまいました。ちなみに走行状況は下記の通り。

  • 時速100km/h前後(制限速度100km/h)
  • トンネル内
  • 前走車との車間距離3秒(約83m)

事故後の対処

飛び石を喰らってヒビが入っていることがわかり、すぐに一番近くのサービスエリアに入りました。そこでヒビの状態をチェック。

盛大にひび割れてはいるものの、指で触ったかぎりでは段差もなく細いヒビでした。 その場でディーラーに電話をし、すぐに見てもらうように段取り、向かうことにしました。

ちなみに、車のガラスは透明なフィルムを表と裏で挟み込んでいるので、こんな状態でも走行中にいきなり割れ落ちることはりません。

修理費用、修理期間

無事、営業時間内にディーラーにたどり着き、状態を見てもらいます。結果、フロントガラス全交換。まあ当然でしょうね・・・。

この状態だと車検も通らないとのことです。具体的に何ミリ以上のヒビなら車検NGかはわかりませんが、ちょっとした欠け程度であれば、補修でなんとかなったかもしれません。

下記が修理費用の見積もりです。

フロントガラス修理見積もり

  • 左右カウルトップベンチレータルーバ脱着 工賃¥1,360
  • ウインドシールドガラス取替 部品¥67,068 工賃¥20,347
  • ガラスアドヒシブダム取替 部品¥1,987
  • ウインドウアウトサイドモール取替 部品¥6,480
  • 上下左右ウインドガラスストッパ取替 部品¥226×4
  • ガラス接着剤取替 工賃¥5,616
  • 合計 部品¥76,439 工賃¥27,323 総額¥103,762

車種はTOYOTA パッソ Racy (DBA-QNC10)です。コンパクトカーでこの値段はかなり痛いですね・・・

フロントガラスの交換自体は1日で完了しますが、接着剤の乾燥に1日ほどみておいたほうがいいので、修理期間は2日となります。

車両保険の適用

飛び石被害の修理には車両保険(加入していれば)の適用が可能です。ただし1等級下がります。

保険を使うか自腹で払うかは、加入している自動車保険の等級、割引率と支払額を天秤にかけて決めましょう。 今回は保険を使いました。

我が家の概算は下記になります。

  • 免責:5万円
  • 20等級
  • 1等級ダウンに伴う保険料up:約2万円

まずは加入している保険会社に連絡します。あとはディーラーに保険会社から連絡が入り、話を進めていってくれるようです。

飛び石加害者へ修理費用は請求できる?

今回、飛び石をしたと思われる車のナンバーは念のためメモしました。ディーラーにてそのことを告げると、個人使用での賠償請求は難しいとのことでした。

まあ確実に飛び石を立証できたとしても、相手は石を跳ねたなんて自覚はないわけですし、仕方のないことなのかもしれませんね。

ただし、ごく稀に修理費用を請求できるケースもあります。それは高速バスや石を積んだダンプカーなどから飛び石を喰らうケースです。

この場合は高速道路を管理するNEXCO(かつての道路公団)を通じて、高速バスやダンプカーの運営会社に話してもらうようです。

ただ、ドライブレコーダーなどで「いつ」「どこで」被害に遭ったのかを確実に証明できないと難しいでしょう。

ただこれも道路公団時代の話ですし、賠償請求は難しいと思っておいたほうがいいかもしれません。

あとがき

飛び石の性質上、どうしても泣き寝入りになってしまうケースが多いと思います。石を跳ねた人が故意ではありませんし、賠償責任もありませんので・・・。

今回のケースは当たりどころが悪かったこともあり、フロントガラス全交換となってしまいましたが、ちょっとした欠け(チッピング)程度であれば、補修も可能で費用も2万円程度で済むようです。

我が家は使うことがないと思っていた車両保険に助けられた形となりましたが、これが自腹となるとかなり痛い出費です。自分に過失がないので余計にやるせない気持ちでいっぱいになります。

日々、安全運転を心掛けている方にとって、自動車保険、特に車両保険ってどうしてもムダ金を支払っている感がありますが、「万が一のための備え」っていうのが保険なんですね・・・。身をもって体験しました。

ただ、いままで支払った保険料のことを考えると、自腹で修理費を支払う以上に保険料(車両保険分)を納めていたことになります。

これを言ってしまえば、保険なんて全て結果論になってしまい、どちらが得でどちらが損なのか、わからないのが保険ってヤツなんでしょうね。難しいです。

無料の自動車保険一括見積もりサービス

今回は飛び石によるフロントガラス割れとその後の対処について取り上げてみました。参考になれば幸いです。

それでは、良きカーライフを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - トラブル