運転マナーの悪い車に遭遇したときの対処法

   

ロードスター

※注:写真とこのお話は直接関係ありません。

先日、会社帰りに赤信号で停止した際、前にNB型のロードスター(2世代前)が前に停車していました。

古い車ですが、大事に乗っているんだろうなぁ・・・と思っていたのですが・・・

スポンサーリンク

見ているほうが恥ずかしくなるほどのマナーの悪さ

そのロードスターは、ロールバー(車内の補強材)が取り付けられていて、いかにも「サーキット走ってます!」という風貌だったのですが、信号が青になり、発車すると、想像を遥かに超えたノーマナーぶりでした。

煽り

その車の前には、最新型のプリウスがいました。周囲の迷惑になるような速度で走行していたわけではなく、ごく普通の速度でしたが、件のロードスターは車間を思いっきり詰めて煽りだしました。

片側1車線の道。寄せれば譲れる幅でしたが、それほど遅くなかった為か、プリウスはそのまま走行していました。

前方の信号も赤に変わりそうだったので、追い越してもすぐに停まることがわかっていたからでしょう。

私は生暖かい視線で、少し離れたところから見ていました。もうこの時点で嫌な予感がプンプンしていましたから(笑)

参考:煽られた時の対処法 トラブルを避けて楽しくドライブ

信号無視

案の定、前方の信号が赤に変わりました。右折用レーンがある交差点で、右折矢印が点灯しているとき、彼は右折レーンへ入り、そしてそのまま直進していきました。

「やっぱりやりやがった・・・」

交通量が少ないとはいえ、対向車線から右折してくる車もある中、信号を無視して行ってしまいました。

でも、この次の信号は、このタイミングだと確実に赤です。毎日通勤しているので、ここを無理して通過しても、次は赤なのは判っていました。

信号が青に変わり、前を走るプリウスも脇道に左折していきました。彼の走りに興味を持った私は、少しペースを上げ、前の車列に追いつきましたが、動き始めた車列に姿がありません。

爆音を響かせながら、その車列の前方を疾走していました。「またかよ・・・」そう、また右折レーンから追い越しをしていたのです。

そして次の信号でまた停止した彼は、右折レーンから直進レーンの先頭に躍り出て、交差する車の切れ目を狙って、また走り去っていきました。

何をそんなに急いでいるのか!? 当人ではないのでわかりませんが、きっとトイレに一刻も早く行きたかったのでしょう。

田舎道なのでコンビニすら無い道でしたから。

そして追いつく

日本の交通事情からして、信号の一つや二つ、無視して通過できたとしても、目的地までの到着時間は、そう大きく変わりません。

参考:ドライバーは見た!黄色や赤信号で突っ込んでくる運転者の素顔

私の前には大型トラックが走行していて、遅くはありませんが、それほど速い流れでもありませんでした。

相手は信号無視常習のDQN。追いつけるはずはないと思っていました。本当は追いついて、「無意味な迷惑行為」だということを判らせたかったのですが・・・。

数km走行し、割と大きめな交差点に到着しました。

そこには散々信号無視して疾走していた迷惑車両の姿が! 私はその交差点を右折するので、迷惑車両の横をすり抜け右折レーンへ。

緊急車両顔負けの信号無視を繰り返した彼も、結局は日本の交通事情に負けたことになります。

あとがき

今回は信号無視と煽り走行という、割と悪質な例でしたが、他にも、急な割り込みや飛び出しなど、車を運転していると、つい「カッ!」となる場面も多くあります。

そんなとき、「目には目を!」「やられたらやり返す!」といった思考では、せっかく高いお金を支払って手にした車と、それを運転すること自体も、"嫌な事"となってしまいます。

「無意味なことやってるなぁ・・・」とある意味、生暖かく見守り、すぐに忘れる。そして、他人を巻き込まないように祈りましょう。

今のご時世、そういう輩はドライブレコーダーに記録され、すぐに動画サイトに晒されます。当人もはやく、「かっこ悪く恥ずかしい行為」だと気づいて欲しいものです。

それでは、良きカーライフを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - トラブル, 運転技術 ,