後悔先に立たず。新車購入時に気をつけたいポイントとは?

   

新車購入

自動車は家や不動産と比べれば、それほど高い買い物ではないかもしれませんが、決して安い買い物というわけでもありません。新車を購入となれば尚更。そう何回も体験できることではないでしょう。

となれば、できるだけ後悔したくないもの。ここでは私の体験をもとに、新車を購入する際に気をつけたいポイントを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

新車はオプション山盛り

何度か試乗や商談をして、いざ購入!となった際、詳細な見積もりを貰うと思います。項目を一つずつ吟味していると、そのオプションの多さに気付くでしょう。カーナビやカーオーディオなど、こちらで指定や選択したものとは別に、「こんなものまで!?」というものもあります。

代表格としては、フロアマット。しかも無駄に高い! 必ず必要なフロアマットがオプションって、納得できないですよね。何も言わなければ、当たり前のように見積もりに計上してきます。

それに、カーオーディオもあとで社外品に換えればいいや、と何も指定しないと、ラジオや目隠しの蓋まで計上されてしまいます。「全く何も要りません!」というと、蓋すら付かずに納車されます。

新車といえど、全くオプションを付けないと、みすぼらしい感じになってしまうほど、オプション山盛りなのが新車です。

オプション選定で注意するポイント

メーカーやディーラーのオプションが、自分好みであればいいのですが、そうでない場合も多いでしょう。カーナビやエアロパーツなど、純正品以外の選択肢もあります。

外装パーツは納車前に付ける

特にエアロパーツですが、車を購入してから暫くしての交換だと、塗装の色合わせが大変です。メーカーやディーラーのオプションで気に入ったものがあれば、あらかじめ装着してから納車することをお奨めします。

その際、純正のエアロパーツ代が割り引かれるのか?といったところも確認しておきましょう。割り引かれないのであれば、純正品は自分で引き取って、オークションなどで処分することもできるでしょう。

フロアマットは専用品に限る

フロアマットなんて汎用品でいいや! そう思って、車種専用のマットを断る方もいらっしゃるかと思います。私もそうでした。なにせ、高い!

ですが、汎用のマットだとなかなかフィットするものがないのも事実。特に登場したばかりの新車となれば社外品も少ないでしょう。

しかも値段なりとはよく言ったもので、すぐにボロボロになってしまい、結局純正品を買うハメになってしまいました。

余程のこだわりがない限り、フロアマットはケチらず純正品を使うことをお奨めします。

今までの車をどうするか?

私が今の車に買い換えるとき、実は前の車は動きませんでした。ディーラーの営業さんが家まで積載車で来てくれて、引き取っていきました。当時は動かない車なんて価値はなく、廃車にするにもお金がかかる・・・程度の認識でした。

当然そんな考えでしたので、新車購入時の値引き交渉に使うだとか、微塵も考えつかなかったのです。

しかし最近調べてみると、不動車でも買取りしてくれたり、中古車として査定してもらえるかもしれないことがわかりました。いくらで売れるのかは、今となってはわかりませんが、一円にもならない選択をしてしまった私は、非常に後悔しています。

株式会社タウ:事故車・故障車・不動車なんでもOK!

まだ動いて、中古車として売れる可能性があるなら、一括査定をお願いするのも手です。
【一括査定.com】


ただし、自分の車の価値を知りたい・・・というだけで申し込むのはお奨めしません。査定となれば、実際に現車を見るわけですから、複数の業者とやりとりする労力が必要です。

既に新車を買うことが決まっていて、今までの愛車を少しでも高く買い取ってもらおうという思いがあるのなら、チャレンジしてみるのもいいかと思います。

それでは、良きカーライフを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - コラム, 車選び ,