車は移動手段としてコストパフォーマンス悪すぎ!何故購入するのか?

   

農道と車

車を移動手段として購入する人も多いでしょう。公共の交通機関が発達していない地域の人にとって、生活するうえで欠かせない存在でもあります。

しかし、決して安くはない買い物。ただの移動手段だけでは、非常にもったいないのです。

スポンサーリンク

車は移動手段か?

車は便利な道具です。エンジンをかけ、アクセルを踏めば、意のままにどこへでも連れていってくれます。

公共の交通機関が発達していない、地方に住む人にとって、車は生活に欠かせないものとなっていますが、単なる移動手段として見た場合、非常にコストパフォーマンスの悪い乗り物です。

毎日通勤で20km以上使用するというならともかく、近場のスーパーに買い物に行く足として・・・という用途なら、タクシーのほうが断然安上がりでしょう。

軽自動車を10年使用すると仮定して、月々のコストを見てみましょうか。

車の乗り出しの総額を100万円としても、月々8,000円以上かかります。これに燃料代、税金、車検代・・・と、月々2万円は下らないでしょう。

これが「車を使う」ということです。ただ便利だから・・・という理由で支払うコストかどうか、一度考えてみるべきです。

車を購入する理由

単なる移動手段として車を購入することが、コストパフォーマンスが悪いことはわかりました。でも何故みんな、車を購入するのでしょうか?

快適に移動したい

歩くのは疲れる。自転車も坂道はキツイ。満員電車が嫌。車なら外の暑さ寒さから身を守りつつ、快適な空間で移動できる。

確かにその通りです。車の取得と維持管理費を、月額に換算して、それでも「便利代」として納得できるのであれば、購入理由にはなるでしょう。

見栄?

ひと昔前は、車はステータスシンボルでした。かっこいいスポーツカーや高級車、他人とは一味違った車を所有したいというニーズもあったかもしれません。

見栄だけで車を購入できた時代。バブル真っ只中でした。

現在ではそういったこともなく、経済性を重視した車が好まれるようですが、まだ一部ではステータス性を求める風潮が残っていることも事実です。

趣味として

車は実用性も重要ですが、趣味としても購入する理由にはなり得ます。自分の意のままに操りたい。キレイにドレスアップしたい。行ったことのないところへドライブしたい。

一人で走るのも、家族で走るのも、大勢の仲間と走るのも、趣味と寄り添ってくれるのが車です。

せっかくだから楽しみ尽くそう!

車を移動手段としてしか使わないというのは、非常にもったいないです。安くはない買い物をしたからには、その金額分以上に楽しまなければ損です。

軽自動車で100万、コンパクトカーで200万、もっと趣味性の高い車になると300万以上にもなります。ちょっとした買い物に、便利に気軽に行きたい・・・このために月々何万も支払えますか?

私には無理です。だから、日頃の通勤でも、無理やり楽しさを見つけ、テーマを持って運転しています。

このエコ!エコ!と叫ばれている時代に、車を買ったからには、移動手段以外の何か別な目的があるはずです。

このブログも、車に「移動手段以外の何か」を見出してもらいたい一心で書いていますが、なかなか伝えるのが難しいです。

まずは支払った金額の元を取る意味で、今までとは違った車への向き合い方、接し方を考えてみてはいかがでしょうか?

それでは、良きカーライフを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - コラム