逃げ得?駐車場でドアを当ててしまった時、どうするのが正解?

   

駐車場に並ぶ車

駐車場で車から降りるとき、不注意で隣の車にドアをコツン・・・いわゆる「ドアパンチ」をしてしまった経験、ありませんか?

謝罪しようにも相手は居ない。こういう場面で、どうするのが正解なんでしょうか?

スポンサーリンク

キレイ事で言えば謝罪するのは当然

他人の所有物を傷つけてしまったのだから、謝罪するのは当たり前!・・・なんですが、今まで謝られたことは一度もありません。10発以上は喰らっているんですけどね。

なぜなのか? まずは当ててしまったときの心理状態から、原因を考えてみたいと思います。

ちなみに、ドアパンチをしないのはもちろん、防衛策についても以前に書いています。よろしければこちらもどうぞ。

参考:ドアパンチ、しない!させない!気にしない?

相手がその場に居ない

月極の駐車場では、車の所有者がわかりますが、ショッピングモールなどの駐車場の場合、どこの誰ともわからないうえに、所有者はその場に居ないことが多いです。

いつ戻ってくるかもわからない相手を、謝罪のために待っている・・・なんて、よほどのお人好しでなければしないのではないでしょうか?

自分の車は傷ついていない

ドアパンチの性質上、相手にはダメージがあっても、自分の車は無傷なことが多いです。相手は凹みやすい「平面」なのに対し、こちらは強固な「角」です。

双方の車にダメージがあれば、加害者も自分の車を修理しなければならないわけで、そうなると事故の証明が必要になります。

自分の車は無傷なこと。これもドアパンチをしてしまっても、謝罪無しでその場を去るひとつの原因になっているでしょう。

修理費がわからない

ドアを当ててしまって、相手の車を傷つけてしまった。でも修理にいくらかかるの?高額な請求をされたらどうしよう?

そういう漠然とした不安から、その場を去ってしまう方も多いかと思います。

傷の程度も、塗装下地までガッツリ損傷したものから、注意してみないとわからないほどの小さな凹み、あるいはこちらの塗装が付着しただけというものまで、千差万別です。

修理費もどの程度かかるのか、素人にはわかりません。

当てたことに気づいていない

車に関して無頓着な方に多いですが、ドアを当ててしまったことに気づいていないこともあります。触れるか触れないか、といった軽い接触でも、思いのほか凹んでしまうのがドアパンチです。

本人は気づかないまま、用を済ませて戻ってきたら「ドアを当てただろう」と指摘されることもあります。

本人は気づいてないのだから、「当てた!」「いや当ててない!」とトラブルになってしまうことも。

 

このような要因から、ドアパンチに対する謝罪が難しいと考えられます。

ドアを当ててしまったら

どんなに注意していても、不意の強風に煽られたり、同乗者が当ててしまったりして、隣の車を凹ませてしまうことがあります。そんなとき、どうしたらよいのでしょうか?

誠意をもって謝る

誰も見てないんだから、逃げればいい・・・そういう思考でいると、必ずあとで痛い目を見ます。そういう方は、乗り降りで注意することもなくなり、人が乗車している車に当ててしまうこともあるでしょう。

ピンキリとはいえ、車は安い買い物ではありません。他人の車を傷つけたのだから、誠意をもって謝るべきです。

その場に持ち主がいないのなら、店舗や管理者に言って、呼び出してもらうのもいいかもしれません。

トラブルになりそうなときは

誠意をもって頭を下げれば、気分を害する人はそう多くはないでしょう。だって、何も言わずに逃げられたはずなのに、わざわざ謝罪してくれるのですから。

軽い凹み程度なら、何も言わずに許してくれる人もいるでしょう。

しかし、中にはそうでない人もいます。修理費を請求してくるのは、まあ当然として、ある事ない事言いがかりをつけてくるかもしれません。

話し合いの中で、修理費の話になったら、とりあえず警察を呼び、間に入ってもらいましょう。

費用面は?

塗装まで剥がれていなければ、そう高額にはならないでしょう。しかしどういう修理をするかは、相手次第です。

コンパウンドで磨けば目立たなくなるような些細な傷でも、大掛かりな修理をしようとする方もいるでしょう。

まずは加入している保険会社に連絡し、間に入ってもらいましょう。当事者同士だけで話をすると、あとで「言った」「言わない」の泥仕合になりかねません。

あとは保険の等級が下がることと、実費とを比較して、どうするか決めましょう。

まとめ

逃げ得になりがちなドアパンチですが、ずっと罪悪感を引きずるくらいなら、誠意をもって謝罪したほうが、双方、気分がスッキリします。

車なんてそのうち傷だらけになるじゃん! そう思っている方も多いと思いますが、反面、神経質なくらい車を大事にしている方もいます。

どちらも「世の中にはそういう人もいるんだ」ということを意識して、自衛するなり、注意して乗り降りするなり、気を遣いたいですね。

ドアパンチは被害・加害、どちらも面倒で嫌なことであるのは変わりません。まずは「しない・させない」ことが第一かと思います。

参考:ドアパンチ、しない!させない!気にしない?

それでは、良きカーライフを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - トラブル